珠玖 加奈子 (シュク カナコ)プロフィール


12歳よりフルートを始め、15歳で毎日新聞社主催第20回山口県学生 コンクール管楽器部門第1位入賞。同、コンクール大賞鶴岡賞を取得。 武蔵野音楽大学卒業後、国内でのリサイタルを行い、フルート奏者およびアクト リコーダーアンサンブルのメンバーとして、日本全国、台湾、シンガポール、マレーシアにて演奏活動を展開する。

1994年に渡米、シアトルにてコンサート活動を 開始する。シアトル・シンフォニーピッコロ奏者ザート・イビー氏に師事、又、元ニューヨークフィル首席奏者ジーンバックストレッサー氏などからも指導を受け研鑚を積む。 その間、チリ、アルゼンチン、ベネズエラ、 コロンビアペルー、メキシコ、キューバ他、中南米の国々にてフルート、リコーダーのコンサート及びセミナー活動を行う。

1998年4月帰国。アクトリコーダーアンサンブルに復帰。フルート演奏活動と後進の指導を行う。

9年間の日本での活動の後アクトリコーダーアンサンブルを退団、更なるフルートの向上を目指し、日本での音楽活動を停止して、2007年ハンガリーブダペストに居を移す。元リスト音楽院教授ローラント・コバーチ氏に師事しフルートの研鑽を積む。この間アレキサンダー・テクニックセミナー、Jゴールウェイセミナー、米国のフルートコンベンションなどに参加、フルート奏法の徹底研究とテクニックの習得に努める。
日本ハンガリー交流年記念コンサート他、ブダペスト中心にコンサート活動を行う。

2011年からスペインに移り、現在アンダルシア マラガを拠点としてスペイン・日本にて活動。スペインの作曲家/ピアニストのJ.サフラ氏と共に数多くのコンサートを行う。

2013年東京池袋の明日館でのコンサート他、2014年広島廿日市市さくらぴあホールにて日本―スペイン交流400周年コンサート、ペルーリマ市にて国際フルートフェスティバルにゲスト出演、他、数多くの演奏活動を行う。

2015年帰国。日本を基盤にフルートの演奏活動中。
2016年6月、スペインマラガにて、フルートコンコード広島と共演。同年池袋自由学園明日館にてフルートとギターの夕べ他、数多くのコンサート活動を行う。

2017年5月、日本フルート協会50周年記念フルートオーケストラと共にペルー公演を行う。アンサンブルユニットパンセ(歌、フルート、ピアノ)を結成。6月、国立、9月、函館にてコンサート予定。

<CD>2011年6月CD ”トランシルヴァニアの夕べ“ (オクタヴィア・レコード) をリリース。
]

 プロフィール詳細


      

珠玖加奈子&Fluteホームへ

 CD”ドナウに咲く白い花”曲目&デモ音源へ

フルート奮闘記”それでも私は笛を吹く”